独立開業系の医療関連資格|理学療法士の資格を取得するなら夜間学部に通うのがおすすめ
女の人

独立開業系の医療関連資格

男性

独自の伝統療法を継承する

柔道整復師は医療関連資格の1つです。接骨院や整骨院と呼ばれる施設に勤務してケガ人等の治療に当たるほか、自ら治療施設を開業し、経営者になることもできます。柔道整復とは、骨折・脱臼・捻挫・打撲など、骨や関節、筋肉等の損傷を治療する目的で用いられる医療技術です。外科や薬物療法中心の西洋医学とは異なるアプローチで、手技をメインとして患部の修復を行い、自然治癒力を引き出すことで治療に導きます。柔道整復師の資格を持たない者が業として柔道整復を行うことは法律によって禁じられており、その身分は保証されています。なお、柔道整復という名称はこの技術が柔道場における応急処置術に源流を持つことに由来するものであり、現代の治療者が柔道の心得を有している必要はありません。

学習期間は最低3年間

柔道整復師は先に述べた治療施設での就業がメインの仕事となりますが、中には病院の整形外科に所属し、チーム医療の一翼を担っている人もいます。また、スポーツトレーナーやリハビリテーション専門職、介護職員などとして活躍している例もあります。柔道整復師の国家試験を受験するには、国が指定した養成施設で学び、必要な単位を修める必要があります。養成施設は全国の4年制大学・3年制短大・3年制または4年制専門学校等で、技能実習を中心として治療の専門家に必要な知識についても学習します。その中には解剖学や生理学、整形外科学といった西洋医学の理論も含まれます。国家試験は毎年3月初めごろに実施され、7,000人前後の受験者があります。合格率はおおむね70%前後で推移しています。